房総半島の勝浦市を旅する際のおすすめの過ごし方

千葉県勝浦市の位置や特徴

勝浦市は千葉県の外房地域に位置する自治体で、南側は太平洋に面しています。中心街にあるJR勝浦駅は、東京駅から特急わかしおに乗車するとわずか1時間半で着く事が受けて昭和時代から東京都民たちにとっての身近なリゾート地として栄えてきました。そんな勝浦市を電車で旅する際のおすすめの過ごし方をご紹介します。

朝市が有名な千葉県勝浦市

漁港として古くから栄えてきた勝浦市の中心街では、江戸時代から400年以上に渡って朝市が開催され続けています。そして、青森の八戸などと並んで有名で規模が大きいため、早朝の特急に乗って朝の時間帯に勝浦に着いた場合は是非朝市を訪れてみてください。ちなみに週末の朝しか開催されていないという事はなく、水曜日を除いて毎日開催されていますので、平日に来た場合でも朝市を楽しめます。

夏に来たら海水浴場へ

勝浦市内には多数の海水浴場があり、夏は千葉・東京などからたくさんの人達がやってきます。遠方からもたくさんの海水浴客がやってくる理由は、都心からだいぶ離れていて海洋汚染が進んでいないため海がきれいだからです。具体的には、晴れた日であれば太陽の光を浴びてエメラルドブルーに輝く透明な海の中で過ごせますので、夏に行く場合は海水浴場で過ごしてみる事をおすすめします。

内陸部は自然環境が良好

勝浦市は、勝浦駅のそばなどにわずかな平地区間があるものの、その他の地域は丘陵地帯となっています。そして、内陸部はかなり自然環境が良好なため、市街地でレンタカーを借りて内陸部をドライブしてみるのもおすすめです。なお、内陸部は下からの灯りがほとんどないため、夜であれば内陸部へ天体観測をしに行くのも良いと思います。

フラマイレーツとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です